Widepencil
ワイドペンシル
ワイド情報ブック

案内
ブルーの字をクリックすると、言葉の解説ではなく関連サイトにジャンプできるのがワイドペンシルの特徴です。
・クリックして写真、音楽、動画もお楽しみください。
・ページ内でスクロールする場合もあります。
・マウスを近づけるだけでジャンプ先の概要が見える機能付き。

Google

Yucca(ユッカ)(女性歌手)

提供:ワイド情報ブック『Widepencil』

Yuccaは日本のクラシカル・クロスオーバーの女性歌手。

ニュース

Yucca
基本情報
誕生日 7月10日
血液型 O型
生年・本名 (非公開希望)
出身地 神奈川県横浜市
学歴 東京音楽大学音楽学部声楽家卒業
東京音楽大学研究科(修士課程)声楽科修了
ジャンル クラシックを基盤とする、クラシカル・クロスオーバー
職業 コロラトゥーラ・ソプラノ歌手
活動期間 1999年〜 (Yuccaという名では2003年〜)
レーベル ポニーキャニオン Leafage
事務所 ポニーキャニオン
資格 普通自動二輪車免許大型自動二輪車免許
趣味・健康法 バイク(ハーレーダビットソン)、フラメンコサーキットトレーニングホットヨガ、レザークラフト、アロマアロマオイルアロマランプ
身長 166cm
靴のサイズ 23.5cm
ペット 犬2匹め「Quu Bee(クービー)」 ♂、犬1匹め「マエストロ」
愛車 ハーレーダビットソン FLSTFB ファットボーイ・ロー
好きなもの 歌、ブラボー、新潟、ゼンハイザーのマイク甘海老紅茶(特にバニラ紅茶)、野菜(果物)ジュース、スイカ鶏めし箱根駅伝オープンテラスのお店苺大福などのお菓子作りれいこさんの手作りおにぎり
公式サイト Yuccaオフィシャルサイト(新)
***Yucca Official Site***
ブログ Yuccaの日記
ファンクラブ Yuccaとユッカい〜な仲間たち♪  事務局 

概略

神奈川県横浜市出身。東京音楽大学研究科(修士課程)声楽科修了。

コロラトゥーラ・ソプラノ歌手で、3オクターブを越す広い音域の発声が特徴。

コロラトゥーラ・ソプラノ(coloratura soprano、イタリア語): coloraturaは語源がcolor(色)と関係し、非常に高音の細かい音型による華麗で軽快な旋律をいう。オペラのアリアで歌手の“見せ場”として使われることがある。コロラトゥーラを歌える声質と高度な技術をもったソプラノがコロラトゥーラ・ソプラノ。

2006年から2007年にかけて、「千の風になって」をYuccaをはじめ多数のクラシック歌手が歌って、中にはオリコンチャート上位や紅白に登場する人も出るという現象が起こった。このようにクラシックとポップスを融合する新ジャンルを「クラシカル・クロスオーバー (classical cross-over)」という。その中でもYuccaは、クラシック、ポピュラーにさらにヒーリング(癒し)を加えた独自領域を開拓した。Yucca以外の一般のソプラノに関して、その超高音に、甲高い声あるいは強い声という印象をもつ人も多いだろう。しかしYuccaの声はもっと繊細である。

英国のソプラノ歌手でクロスオーバー界のスター、サラ・ブライトマン(Sarah Brightman)が2001年頃東京で公演して「Time To Say Goodbye」などを歌ったとき、バックコーラスで参加していたYuccaは、クラシカル・クロスオーバーが自分の進むべき道だと気付いた。「こんなに繊細に歌っても感情は伝わるのだ、むしろ張り上げないほうが心に響く」ことを教えられたという

以来、Yuccaはビブラートを抑えた歌唱法や、囁(ささや)くような有声音・無声音を採り入れた歌唱法の応用を研究して「七色の歌声」と呼ぶカラフルな音色が出せるようになった。あるときは柔和、あるときは煌(きら)めく響き……、あるいは少年のような新鮮さ。これらを曲想やパートで使い分けた結果、もし“暖かい綿雪”があったらかくありなむ、というべき柔らかさで人を包んでくれる、独自の歌の世界ができあがった。アリアを歌う場合には、一般の演奏よりも意識的にテンポを遅くして歌い込むといった演出も併用して、新鮮に聴かせてくれる。Yuccaは曲に合わせて“世界”を構築し、それにぴったりした歌い方を創造する。「声量を10分の1に落とし囁きボイスを作る」ことで、心の深層にそよ風を送り込む。これも人知れぬトレーニングのなせる技である。

コラボアルバム「千の風になって 〜スペシャル盤〜」収録の「千の風になって」では、「1人多重録音」で歌って注目された。企画プロデュースをした芥川賞作家でシンガー・ソングライターの新井満にも、「Yuccaとはまぎれなく天使だと思う」と絶賛されている

2007年2月から3月にかけて、Yucca名での本格デビューアルバム「千の風になって」MAXIシングル「千の風になって」を矢継ぎ早にリリース。8月にもMAXIシングル「花霞み(はなかすみ)」を発売。CM映画テーマ曲にも次々に採用され音楽出演している。

「7色の歌声」は、セカンドアルバム「Yucca」において、
オペラクラシック歌曲ボーイズソプラノ風ヒーリングミュージカルポピュラーJ−POP
されている

「1人多重録音」の例に、ハーゲンダッツ2007年CM「ドルチェ モンブラン Spiral篇」)の「アヴェ・マリア」(バッハ & グノー作)がある。ここでは、パートによって別人かと思うほど発声や表情を変えているだけでなく、編集技術を駆使してコーラス部の1音1音の音像定位までが制御されている。七色のYuccaボイスと多重録音技術のコンビネーションが、Yuccaの目指す新しい音の世界を実現した。中央に流れる清流の上方に、カラフルな水玉が一杯出現して前後に飛び回っているような大パノラマが見えてくる。

同じ曲でも「ドルチェ ミルフィーユ Princess篇」はひとつ高いキーで爽快感のある歌い方になっていて、別の歌手の歌かと思ってしまう。

さらに、女性の一生のストーリーに沿って選曲したアルバム「千の風になって」の中の曲は、「アヴェ・マリア」といってもカッチーニ作の曲である。この曲も、Yuccaボイスでゆっくり歌われるとじんわり心に沁みる。たとえようもなく清らかで高貴な愛が、光跡になって幾筋も交差する。そのうち漆黒の空間は明るく塗り変わってゆく。Yuccaも愛する母親をなくした経験をしている。自分のお母さん、お姉さんや奥さんなどがなくなってしまった人も、つらい悲しみは、この「アヴェ・マリア」と「千の風になって」を聴いていれば、綿雪とともに溶け去る。

Yuccaはホームページを作ったときの挨拶でこう言っている。「私は自分の持っているこの声で、少しでも皆さんの心が癒されたり、真っ白で綺麗な澄んだ気持ちになって一度しかない人生を後悔せず前向きに生きていってもらえたり、活力が湧いてくるような歌手を目指していければと思っています」。こんな真っ直ぐで人への感謝を忘れないYuccaだが、甘いものやワンちゃんやギャグの好きな明るい女性である。そのトークも人々を魅了してやまない。

Yuccaの新しい音楽はクラシック、ポピュラー、ロックといったジャンル間の壁だけでなく、「この曲はこの歌唱法でこの速度で……」といった既成概念の殻を次々に溶かしてきている。今後ますます多くの人々が、リフレッシュしてもらいにYuccaに魂を預けるだろう。

バイオグラフィー

  • 1999年  4月 東京混声合唱団入団、定期演奏会、オペラ、レコーディング活動
  • 2000年 12月 ヘンデル作「メサイヤ」で本格ソリストデビュー
  • 2001年  夏 テレビ朝日「おはようモーニング」出演
  • 2002年  9月 ワーグナー作「タンホイザー」の牧童役でオペラデビュー
  •        12月 岩城宏之指揮「カルミナ・ブラーナ」ソリストに抜擢
  • 2003年   東京混声合唱団退団、Yucca名として活動を開始
  •         8月 テレビ朝日「題名のない音楽会21」出演
  •         9月 「世界柔道選手権大会」in 大阪城ホールで国歌アカペラ斉唱
  • 2004年  4月 東京混声合唱団入団、定期演奏会、オペラ、レコーディング活動
  •         9月 金沢にて「Yuccaソプラノリサイタル」公演(北陸放送主催)
  •        11月 谷口光正「LIVE-M」ヘアーショー 音楽出演
  •        12月 カリスマ美容師“TADAO ARAI”ヘアーショー 音楽出演
  • 2005年  5月 料理家・医学博士服部幸應「グルメフェア」トークショーに参加
  •         7月 豪華客船にっぽん丸「利尻・礼文島ツアー」、船上リサイタル
  • 2006年  7月 豪華客船にっぽん丸「世界一周クルーズツアー」、船上リサイタル
  •         7月 NHKスペシャル「恐竜 vs ほ乳類」の音楽でヴォカリーズ担当
  •         9月 6日発売アルバム「千の風になって〜スペシャル盤〜」企画プロデュース・新井満に参加。歌唱とコーラスの「一人多重録音」の斬新な効果が話題を呼んだ。
  • 2007年  2月21日 アルバム「千の風になって」でYucca本格デビュー。
  •         3月10日 デビューコンサート インストア・ライブ&握手会 タワーレコード渋谷
  •         3月21日 MAXIシングル「千の風になって」リリース
  •         8月 8日 カメリアダイアモンド・タイアップ・MAXIシングル「花霞み」リリース
  •         9月 1日 「花霞み」発売記念ミニライブ&サイン会 大阪 あべのHOOP 報告
  •         9月29日 インストア・ライブ & サイン会 山野楽器成城コルティ店 予告1 予告2 報告
  •        10月 7日 加賀市料亭新保(しんぽ)15周年イベント・コンサート 石川県小松市こまつ芸術劇場「うらら」大ホール 下見報告 報告
  •        10月13日 NHK総合NHK総合「ぐるっと関西プラス」「ぐるっとライブ」出演  予告 収録報告 NHKの過去記事
  •        12月 8日 ミニライブ ノボテル札幌
  •        12月20日 「魅惑の七色の声」Yucca X'mas Night 横浜・ホテルニューグランド クリスマスパーティー 2007
  •        12月     スイングジャーナル社の音楽雑誌 ADLIB(アドリブ)で「国内ワールド/ニュー・エイジ賞」を受賞(2007年12月) 受賞報告
  • 2008年  1月16日 アルバム「Yucca」リリース。
  •         8月 8日 カメリアダイアモンド・タイアップ・MAXIシングル「花霞み」リリース
  •         2月14〜15日「目白シンラート椿山音楽祭」 東京・椿山荘 予告 報告
  •         3月20日 月刊音楽誌「モーストリー・クラシック(MOSTLY CLASSIC)4月号」で紹介 予告
  •         3月27日 アルバム『Yucca』発売記念ライヴ 渋谷 Jz Brat 予告 報告
  •         4月16日 music bird コミュニティチャンネル「アフタヌーン・パラダイス Music Cosmetic」にディスクジョッキーパーソナリティで毎水曜日15:00〜16:55出演 紹介(〜2009年9月)
  •         4月27日 TAIYAKI CAFE Yuccaスペシャルライブ TOWER CAFE(東京・恵比寿) 報告
  •         5月3日「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭」参加 東京国際フォーラム 予告 報告
  •         7月4日「プラウディア グランド オーケストラ なつメロコンサート」ゲスト出演 深川江戸資料館 報告 プラウディア グランド オーケストラの記事
  •         8月4〜5日 豪華客船にっぽん丸「夏祭り東北クルーズツアー」、船上リサイタル 報告 クルーズ案内
  • 2009年  2月12日「スペシャルライブ・アートカフェフレンズ」アートカフェ・フレンズ(東京・恵比寿) 予告  プラウディア グランド オーケストラの予告記事 リハーサル プラウディアの報告記事
  •         2月13日 新潟放送 「大倉修吾の縁歌劇場」生出演 報告
  •         2月14日 「千の風音楽祭」りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館) 報告 ファン記事1 ファン記事2
  •         3月15日「七色の歌声をもつディーヴァ誕生 〜お洒落なワインとクリスタル・ヴォイス〜」アートカフェ・フレンズ(東京・恵比寿) ファン記事 報告
  •         4月27日「VIEW ライブ」Welcome back(東京・大塚) 夜の女王のアリア(=Welcome backサイトに掲載) 報告 ファン記事
  •         6月17日 Ken Katayama共演ライブ アートカフェフレンズ(恵比寿) 川口信子(P) 予告 報告
  •         6月28日〜7月12日 豪華客船ぱしふぃっくびいなす号「世界一周クルーズ」、船上リサイタル  ピアノ古垣未来 予告
  •         8月4日 Ken Katayama ESTATE 2009 〜太陽の華〜 (共演)
    山下淳(P)、松永敦(B)、佐藤英樹(Per)、会田桃子(Vln)、田尻かをり(Vln)、眞中千晴 (Vla)、星野敦(Vc)、木下大輔(G)
    スイートベイジル STB139(六本木) ポスター
  •         8月11日 「Yucca“魔笛”を歌う」〜 ロック・ロマンティック・オペラ 〜
    オペラとロックの融合! そしてロマンティックな癒しの世界へ!
    共演:望月清文(G)/高山リンゾー辰昭(B)/村上広樹(Ds)/佐藤和豊(Key)/古垣未来(P)
    楽屋(らくや)(東京・中目黒) 予告
  •         8月25日 ライブ
    共演:VIEW (望月清文(G)ほか)
    Welcome back(東京・大塚) 予告
  •         9月10日 ライブ「Heart of relaxation(心の休憩)!」No.1 “ちょっとあなたもリフレッシュしてみませんか?”
    共演:望月清文(G)、佐藤和豊(Key)
    公園通りクラシックス(渋谷) 予告 報告
  •         9月23日 アルバム「Prima Donna」発売記念ミニライブ 丸の内オアゾ(東京・大手町)予告 報告
  •        10月 9日 8:10〜19:00 NHK新潟放送局 ラジオ「新潟ニュース610」生出演 予告 報告
  •        10月12日 全国障害者スポーツ大会「トキめき新潟大会」フィナーレコンサート出演 予告 報告
  •        11月 1日 13:00〜14:00 BSN新潟放送(ラジオ)「中越地震から5年 小千谷復興祈念コンサート(録音=10月25日・小千谷市総合体育館)」
    司会:大倉修吾 横山未来 共演:前川清 予告
  •        11月29日 丸ノ内オアゾ クリスマス トーク & ライブ、サイン会 イベント詳細 報告
  •        12月10日 慰問コンサート 青梅慶友病院 報告
  •        12月21日 ザ・プリンスパークタワー東京「ViewccA クリスマスコンサート」 報告
  •        12月23日 サントリーホール 東京ヴィヴァルディ合奏団「第10回ファンタジックなクリスマス 〜ノエルのアリア 〜」 お話し:ダニエル・カール 報告
  •        12月24日 新潟県市民プラザ クリスマスコンサート ピアノ:古垣未来 ギター:望月清文 報告
  •        12月25日 BSN新潟放送出演(公開生放送) 報告
  • 2010年  1月 3日 「新春踊り始めの集い」出演(新潟ダンス連合・ホテル新潟) 報告 ファン記事
  •         1月27日 「ロック・オペラ 〜ViewccA (ビュッカ)〜LIVE」
    共演:View:望月清文(G)、佐藤和豊(Key/P)、村上広樹(D)、高山リンゾー(B)
    Welcome back(東京・大塚) 報告
  •         2月 6日 「まちなかフェスタ in ROSA」
    新潟県新潟市古町  西堀地下ローサ 「出逢いの広場」 報告 ファン記事
  •         2月12日 「Yucca バレンタインコンサート」
    共演:View:望月清文(G)、佐藤和豊(Key/P)
    赤坂カーサクラシカ 報告
  •         3月 6日 ライブ「ALIVE〜心の休息〜 vol.3」
    共演:望月清文(G)、佐藤和豊(P/Key)
    公園通りクラシックス(渋谷) 報告
  •         3月21日 お寺コンサート
    普明寺(東京都昭島市) 報告

ディスコグラフィー

(2007年以降部分)

シングル

  1. 千の風になって(2007年3月21日)ポニーキャニオン Leafage PCCA-02439

    1. 千の風になって(シングル・バージョン)
    2. In My Heart(メディカル総合学園大阪医専タイアップ曲)
    3. 千の風になって(アカペラ・バージョン)
    4. 千の風になって(ボカリーズ・バージョン)
    5. 千の風になって(カラオケ・バージョン)

    悲しみをこえて生きる勇気を与えてくれる“いのちの歌”を、いろいろなバリエーションで聴かせる。

    販売・試聴サイト ポニーキャニオン「千の風になって」

    Tassiブログ (田代耕一郎 アコースティック・ギター、民族楽器などの演奏家)

  2. 花霞み(2007年8月8日)ポニーキャニオン Leafage PCCA-02479

    1. 花霞み
      作詞:tangerine. 作曲:蒲池愛 編曲:aikamachi+nagie
    2. 私のお父さん
      (歌劇ジャンニ・スキッキより )("O Mio Babbino" from "Gianni Schicchi")
    3. 心音(しんおん)
      (原曲:ブラームス 交響曲第3番 op.90 第3楽章)
    4. 花霞み(カラオケバージョン)

    「花霞み」のテーマは結婚式。二人で旅立つというラブ・バラードになっている。七色の歌声をもつdiva(デイーヴァ、歌姫)Yuccaの澄み切った歌声が魅力。
    「お友達の結婚式で(Yuccaボイスを真似して)歌ってあげる歌」になるかもしれない。
    カメリアダイアモンド ジュエリー マキCM タイアップ曲。

    視聴(映像) PV(プロモーションビデオ) CM

    販売・試聴サイト ポニーキャニオン「花霞み」

    ファン記事 「CMでその清らかな歌声を聴くたびに身体が凍り付いて止まってしまうほどの衝撃を覚えた。」「言葉を丁寧に紡ぐようなささやくような声と凍るような水のような高音に胎内にいるような安心な場所を思い出した。」

アルバム

  1. 千の風になって(2007年2月21日)ポニーキャニオン Leafage PCCA-02412

    このアルバムのコンセプトは、愛と生と死そして再生といった女性の一生のストーリー。ピンクの字はストーリーの要約。

    1. 序曲「死と再生の詩」──
      千の風になって
      作詞:作者不詳 訳詞:新井満 作曲:新井満 編曲:aikamachi+nagie
    2. 残された者は、死は再生であることを知り、悲しみから立ち直りまた歩き出す──
      In My Heart
      作詞:tangerine. 作曲:蒲池愛 編曲:aikamachi+nagie 演奏:蒲池愛、徳永友美、伊能修、井野辺大輔
    3. 主人公である女性は、愛する男性と出会い、傷つきながらも愛を育て、二人で歩み始める──
      花霞み
      作詞:tangerine. 作曲:蒲池愛 編曲:aikamachi+nagie 演奏:蒲池愛、徳永友美、伊能修、井野辺大輔
    4. 愛するということ──
      オンブラ・マイ・フ 〜歌劇「セルセ」より(ヘンデル)Ombra mai fu from "SERSE"
      作曲:G.F. Handel 編曲:蒲池愛 演奏:蒲池愛、徳永友美
    5. 失った愛の追憶、そして、魂の脱皮──
      光の海〜「亡き王女のためのパヴァーヌ」(ラヴェル)Pavane Pour Une Infante Defunte
      作詞:ゆきまる 作曲:M. Ravel 編曲:手使海ユトロ 演奏:手使海ユトロ
    6. 別れ──
      ひとり 〜歌劇「真珠採り」より(ビゼー)Le Pecheurs De Perles
      作詞:女優・真野響子 作曲:G. Bizet 編曲:手使海ユトロ 演奏:手使海ユトロ
    7. 復讐心──
      夜の女王のアリア(復讐の炎に燃えて)〜歌劇「魔笛」より(モーツァルト)Der Holle Rache kocht in meinem Herzen (Konigin der nacht)
      作曲:W.A. Mozart 編曲:蒲池愛 演奏:蒲池愛、阪田宏彰
    8. 今までの運命に涙する主人公──
      私を泣かせて下さい(傷ついた心に涙をながし)〜歌劇「リナドル」より(ヘンデル)Lascia ch'io pianga from "RINALDO"
      作曲:G.F. Handel 編曲:蒲池愛 演奏:蒲池愛、徳永友美、伊能修、井野辺大輔、阪田宏彰
    9. 月の光に癒されて──
      静寂のしらべ 〜ベルガマスク組曲より第3曲「月の光」(ドビュッシー)Clair de Lune
      作詞:海原純子 作曲:C. Debussy 編曲:手使海ユトロ 演奏:手使海ユトロ
    10. 人生の大きな流れを感じる主人公──
      流々(りゅうりゅう) 〜歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲(マスカーニ)Cavalleria Rusticana Intermezzo
      作詞:小笠原千世子 作曲:P. Mascagni 編曲:手使海ユトロ 演奏:田代耕一郎、手使海ユトロ
    11. 主人公の女性の死のための鎮魂歌──
      ピエ・イエズス 〜レクイエムより(フォーレ)Pie Jesu from REQUIEM, Op.48,
      作曲:G. Faure 編曲:蒲池愛 演奏:蒲池愛
    12. 新しい命の誕生、再生──
      アヴェ・マリア(カッチーニ)Ave Maria
      作曲:G.Caccini 編曲:関島岳郎 演奏:沖祥子、伊勢三木子、菊池幹代、四家卯大

    販売・試聴サイト ポニーキャニオン「千の風になって」

    ファン記事「涙腺直撃です。少しハスキーなところが、燻し銀の歌声といって良いでしょうか。」

  2. Yucca(=アルバム名)(2008年1月16日)ポニーキャニオン Leafage PCCA-02616

     7種類の歌唱法、すなわち、オペラ、クラシック歌曲、ボーイズソプラノ風、ヒーリング、ミュージカル、ポピュラー、J−POPの歌唱法を身につけたYuccaが、その七色の歌声を発揮したアルバム構成。

      第1部 オリジナル楽曲──
    1. Call My Name 〜風鳴りの丘〜
      作詞:藤井響子(tangerine.) 作曲:蒲池愛 編曲:aikamachi+nagie
    2. 愛は月のように
      作詞:藤井響子(tangerine.) 作曲:蒲池愛 編曲:aikamachi+nagie
    3. Believe
      作詞:藤井響子(tangerine.) 作曲:蒲池愛 編曲:aikamachi+nagie

    4. 第2部 クラシック楽曲──
    5. カロ・ミオ・ベン(愛しい人よ)(ジョルダーニ)Caro mio ben
      作詞・作曲:Giuseppe Giordani 編曲:書上奈朋子
    6. 愛のよろこびは(マルティーニ)Piacer d'amor
      作詞・作曲:Giovanni Martini 編曲:書上奈朋子

    7. 第3部 クラシック曲にオリジナル日本語詩──
    8. ユリイカ 〜「シチリアーノ」(フォーレ)Sicillienne
      作詞:小笠原千世子 作曲:Gabriel Faure 編曲:手使海ユトロ
    9. 鏡 〜「トゥーランドット」(プッチーニ)Turandot
      作詞:大川知乃、京えりこ 作曲:Giacomo Puccini 編曲:手使海ユトロ
    10. 眩影 〜「ヴォカリーズ」(ラフマニノフ)Vocalise
      作詞:今藤長十郎 作曲:Sergei Rachmaninoff 編曲:手使海ユトロ
    11. ほんとうの私 〜「ピアノ協奏曲第2番第2楽章」(ラフマニノフ)Piano Concerto No.2
      作詞:海原純子 作曲:Sergei Rachmaninoff 編曲:手使海ユトロ

    12. 終演曲──
    13. Time To Say Goodbye(タイム・トゥ・セイ・グッバイ) 作詞:Lucio Quarantott 作詞:Frank Peterson 作曲:Francesco Sartori 編曲: 木原健太郎

    Yucca(S) 蒲池愛(オーケストラprg、p) 石田泰尚(vn) 高橋暁(vn) 井野邊大輔(va) 阪田宏彰(vc) 喜多直毅(vn) 田代耕一郎(g、マンドリン、アイリッシュ・ブズーキ) 

    販売サイト ポニーキャニオン「Yucca」

    試聴サイト オフィシャルサイト


  3. Prime donna(プリマドンナ)(2009年9月16日)ポニーキャニオン Leafage PCCA-03017

    「Only Love」「Anytime Anywhere」「第九」はじめ、日本でもお馴染みのクラシック曲、ポピュラー・クラシック局を11曲収録。ボーナストラックに、TOYOTAアルファードのCM曲にもなった、その澄んだ歌声が印象的な「VICTORYDRIVE ・歌劇 “魔笛”より 〜 夜の女王のアリア 〜」も収録。

    1. Only Love オンリー・ラヴ
      作詞:Gimbel Norman 作曲:Cosma Vladimir 編曲:三宅一徳
    2. Vivaldi op.8-2 「四季」・夏 〜 ヴィヴァルディ 〜
      作曲:Antonio Lucio Vivaldi 編曲:三宅一徳
    3. Ave Maria アヴェ・マリア 〜 シューベルト 〜
      作詞・作曲:Franz Schubert 編曲:三宅一徳
    4. Anytime Anywhere エニィタイム・エニィウェア
      作詞:Ferrau 作曲:Albinoni 編曲:三宅一徳
    5. Recuerdos de la Alhambra アルハンブラの思い出
      作詞:Donath Karl Pirs 作曲:Tarrega Eixea Francisco 編曲:三宅一徳
    6. Romeo and Juliet ロミオとジュリエット
      作詞・作曲:Rota Nino 編曲:三宅一徳
    7. En Aranjuez Con Tu Amor 恋のアランフェス
      作詞:Alfredo Garcia Segura 作曲:Joaquin Rodrigo 編曲:三宅一徳
    8. Pie Jesu ピエ・イエーズ
      作詞・作曲:Andrew Lloyd Webber 編曲:三宅一徳
    9. Beethoven“An Die Freude”「第九」・歓喜の歌 〜 ベートーベン 〜
      (原詩:Friedrich von Schiller)作詞・作曲:Ludwig van Beethoven 編曲:三宅一徳
    10. Hodie Christus Natus Est 今宵キリストは生まれ給えり 〜 グレゴリオ聖歌 〜
      詞・曲:グレゴリオ聖歌 編曲:三宅一徳
    11. Victory Drive* 歌劇「魔笛」より 〜 夜の女王のアリア 〜
      (原曲:Wolfgang Amadeus Mozart)作曲・編曲:深澤秀行
      * TOYOTA アルファード CM曲


    販売・試聴サイト ポニーキャニオン「Prime donna」

    試聴サイト オフィシャルサイト

コラボアルバム

  1. KEN KATAYAMA「太陽の華」
    1〜4. 略
    5.VIVERE〜生きる〜  duet with Yucca
     詞:G.Trovato 曲:A.Anastasio,C.Valli 訳詞:Ken Katayama 編曲:米光亮
    6. 略

     KEN KATAYAMA

オムニバスアルバム

  1. 千の風になって 〜スペシャル盤〜 ポニーキャニオン PCCA-02300 企画プロデュース 新井満

    1. 千の風になって(2006室内楽バージョン)
      作詞:作者不詳 編曲:加藤文生 訳詞・作曲・歌:新井満
    2. 千の風になって
      編曲:aikamachi+nagie 歌:Yucca
    3. 千の風になって
      編曲・歌:谷川賢作
    4. 千の風になって
      編曲:上柴はじめ 歌:中島 啓江
    5. 千の風になって
      編曲・歌:コペルニクス
    6. 千の風になって
      編曲:篠原敬介 歌:新垣勉
    7. 千の風になって
      編曲・歌:アトリエ・イサナ
    8. I am a thousand winds
      詩:作者不詳 Adapted by:新井満、新井奏、Susan Osborn 作曲:新井満 編曲:木原健太郎、Susan Osborn 歌:Susan Osborn
    9. 千の風になって
      編曲・歌:加藤文生
    10. 千の風になって
      編曲:大田桜子 歌:日野原重明LPC混声合唱団&新井満
    11. 千の風になって(シングル・リミックス・バージョン)
      編曲:萩田光雄 歌:新井満

    絵本詩集「千の風になって ちひろの空」(絵:いわさきちひろ 講談社 ISBN: 4062135183)との連動企画

    販売・試聴サイト ポニーキャニオン「千の風になって スペシャル盤」

  2. 男の隠れ家 Cantabile Jazz Compilation ポニーキャニオン PCCY-30145
     1〜11.略
     12.タイム・トゥ・セイ・グッバイ Yucca


     販売サイト

主なコンサート・イベント

主なテレビ

主な映画

  • 映画「アリア」 エンディング・テーマ 「アヴェ・マリア(カッチーニ)」(2007年7月以降公開)

主なCM

主なラジオ

主なカラオケ

  • 花霞み 試聴(DAM、カラオケ音源、karaoke@com、DAM音源)(第一興商)

主な着うた

  • 「着うたフル®」・「着うた®」の「レコ直♪」楽曲検索 Yucca
    マルティーニ:愛のよろこびは、愛は月のように、アヴェ・マリア(カッチーニ) Ave Maria、In My Heart、鏡 〜プッチーニ:トゥーランドット、眩影 〜ラフマニノフ:ヴォカリーズ、Call My Name 〜風鳴りの丘〜、ジョルダーニ:カロ・ミオ・ベン(愛しい人よ)、心音(しんおん)、千の風になって、花霞み、光の海〜「亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)」、ひとり〜歌劇「真珠採り」より(ビゼー)、Believe、ほんとうの私 〜ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番第2楽章、ユリイカ 〜フォーレ:シチリアーノ、私のお父さん〜歌劇「ジャンニ・スキッキ」より(プッチーニ)

主な受賞

主な紹介記事

日記

Yuccaの日記(アメブロ)(2010年2月〜)および旧Yuccaの日記(オフィシャルサイト)(2007年2月〜2010年2月)の題名と要旨

2007年

2008年

  • 「遅ればせながら・・・明けましておめでとうございます」
    インディアンの酋長の教え
    1、朝起きたら、朝日に感謝しろ! 2、朝起きたら、自分が生まれてきたことに感謝しろ! 3、朝起きたら、自分の才能に感謝しろ! それが出来ないときには邪念がとぐろを巻いているのだ!(2008年1月7日)
  • 「いよいよです! セカンドアルバム!」
    実はYuccaのスタイリストはYucca自身がしている。歌い方、選曲も自分の意向を存分に入れた。そういうわけであす発売の新アルバムも「Yucca」という名前にした。7色の歌声をお聴きいただきたい。(2008年1月15日)
  • 「椿山荘祭・・・コンサートやります!」
    2月14日と15日に、東京・椿山荘で行われる「目白シンラート椿山音楽祭」に出演し、バレンタインにちなんでラブソングを中心に歌う。(2008年1月15日)
  • 「モーストリークラシックの取材」
    産経新聞社の月刊音楽雑誌「MOSTLY CLASSIC」の4月号(2008年3月20日発売)にYuccaの記事が載る。インタビューのときの写真も掲載されるのでお楽しみに(2008年1月31日)
  • 「お待たせしました。。。」
    運悪く「目白シンラート椿山音楽祭」の10日前に風邪を引き、2日前には発熱して喉が腫れ上がってしまった。さあYuccaはどうした……(2008年2月18日)
  • 「ラジオ収録・・・」
    NHK FM「歌謡スポットライト」第二回の連続出演を収録しました。放送は3月3日から7日。司会の吉川精一さんとふたり、ハイテンションで楽しくお喋りしています。(2008年3月4日)
  • 「雲ひとつない快晴・・・」
    ベンチなどに寝そべりながら空を見上げていると、心に余裕がでますよ。皆さんもぞうぞ。(2008年3月7日)
  • 「FM愛知 生ライブ公開 出演・・・」
    生放送のためのお客様の緊張を解くためにDJの川本えこ さんと「失恋ホワイトデー事件」などのトークで盛り上げた。緊張が解けてお客様との触れ合いが実感できたあと、「愛は月の様に」、「カロ・ミオ・ベン」、「Time To Say Good By」を歌った。 番組前トーク部分(FM愛知) おもてなし日記(2008年3月21日)
  • 「いよいよ発売記念ライブ・・・あと一週間後です・・・」
    27日のライブは予約も活況。ヴァイオリン:門脇大輔さん ベース:板谷直樹さん パーカッション:佐藤直子さん ピアノ・編曲:古垣未来さんのフルバンドをバックに、さまざまなジャンルの曲を歌う。(2008年3月21日)
  • 「CD発売記念ライブ!」
    席が足りないほど多くの方がご来場くださった。皆様のとても優しい眼差しのおかげで、ベストの状態で歌うことができた。早く皆様に恩返しができるよう努力していきたい。 (2008年3月31日)
  • 「始まりました! 初のDJ!」
    16日からmusic birdでディスクジョッキー「アフタヌーン・パラダイス Music Cosmetic」のパーソナリティーをはじめた。2時間の中で17、8曲をかけるだけでなく、Yuccaのアカペラ生演奏やいろいろなコーナーもあるので、たっぷり楽しんでいただけると思う。 (2008年4月18日)
  • 「二回目の生放送・・・」
    Music Cosmeticも2回めになり、余裕をもってできた。アカペラでムーンリバーを歌った。(2008年4月28日)
  • 「たい焼きカフェ・ライヴ!」
    お洒落で落ち着いたタワーカフェ(東京・恵比寿)で「およげ! たい焼きくん!」CD発売記念イベントがあって、たい焼きをたくさん頂いて歌ってきた。 (2008年4月28日)
  • 「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(丸ビルコンサート)」
    このビッグイベントにYuccaも初参加(5月3日)。シューベルトの「アヴェマリア」、「エーデルワイス」、「踊り明かそう」そして「夜の女王のアリア」などを気持ちよく歌うことができた。 (2008年5月7日)
  • 「おススメ・蕎麦屋さん」
    ゴールデンウィークに箱根で美味しくて景色が最高のお蕎麦屋さん「はつ花」を見つけた。(2008年5月7日)
  • 「習い事を始めました」
    フラメンコのレッスンに通いはじめた。姿勢がよくなりダイエットにもなるというので一石二鳥。(2008年5月27日)
  • 「昨日のラジオは・・・・」
    music birdではYuccaのアカペラを披露している。きのうは「サウンド・オブ・ミュージック」のエーデルワイスを歌った。(2008年6月5日)
  • 「ごめんなさい・・・長々とご無沙汰でした・・・」
    4日、プラウディア グランド オーケストラ(安藤真理子さん、ルイルイさん、佐伯かおるさん)の「なつメロコンサート」にゲスト出演した。音色が多彩で、素晴らしい音の広がりと深みだった。(2008年7月7日)
  • 「やっぱり緑は心の癒しですね!」
    作詞家 京えりこ さんと行ったレストラン。料理もよかったけど、こういうオープンテラスは、自然な風、自然な音、自然な光が味わえて大好きだ。(2008年7月15日)
  • 「ラジオ放送  ミュージックバード 7月16日編」
    この日の放送内容。男性の方にカッコいいクールビズのコツについてもアドバイスしてみた。(2008年7月22日)
  • 「夏バテにはスイカが一番!!!」
    スイカは体の中も外も綺麗にしてくれるすぐれた健康食品。私も毎日食べている。(2008年7月29日)
  • 「にっぽん丸…夏祭り東北クルーズツアー」
    8月2〜7日のツアーでエンターテナーをした。演目はメインショーが、ひとり(「真珠採り」より)、夏の思い出、私のお父さん、サンタルチアの狂乱、花(滝 廉太郎)、花霞み、夜の女王のアリア、千の風になって、Time To Say Goodbye、浜辺の歌(アカペラ)。そしてラウンジコンサートが、アベマリア(シューベルト)、みかんの花咲く丘、埴生の宿、アベマリア(カッチーニ)、エーデルワイス、愛の賛歌、ムゼッタのワルツ、流々、Time To Say Goodbye、見上げてごらん夜の星を。「ブラボー」と言っていただけるのが私にはとても嬉しい。(2008年8月7日)
  • 「新潟県 新発田(しばた)に行って来ました!」
    エフエムしばた収録で素敵な新発田にはじめて行って、心も体もリセットできた。(2008年9月4日)
  • 「我が家に新家族がやってきました。」
    きたのは生後7ヶ月のオールド・イングリッシュ・シープドッグのQuu Bee(クービー)。とってもお利口さんで、一代めのマエストロを6月10日に失ってしまった大きな悲しみもおかげで癒されている。(2008年9月17日)
  • 「CM レコーディング!」
    ある商品のCMソングのレコーディングをした。アレンジは島 健さん。商品名は明かせないが秋口に流れはじめるのでお待ちください。(2008年9月26日)
  • 「古町どんどん祭り」
    新潟市古町どんどん祭り(10月11〜12日)に出演した。両日聴きにきてくださる方や、初対面なのに大福やコシヒカリをくださる方もいらして、新潟の温かさを感じた。(2008年10月15日)
  • 「やっと一段落です!」
    このところニューアルバムの制作で忙しい。自分の声をいろいろかぶせてみたりする実験は本当に楽しい。全10曲、2009年2月発売予定!!(2008年11月11日)
  • 「「NHK FMラジオ収録」・・・・歌謡スポットライト」
    3回目の歌謡スポットライトの収録をした。放送は12月15〜19日17:15。多くの生声と愛犬クービーのお話などをお楽しみに。(2008年11月20日)
  • 「3枚目のアルバム!」
    アルバムの3枚目は2009年春に発売となる。レコーディングが完了し、ジャケット写真も愛犬のクービーと一緒にいい感じに撮れている。聴くアロマといった感じの曲で、大いに皆さまを癒させていただきたいと思う。(2008年12月25日)

2009年

2010年

リンク



 Copyright © 2007-2010 Pacifee Const and Widepencil. All rights reserved.
 このページへのリンクは自由です。
 Widepencilは当サイトのパシフィー・コンストが書き下ろした著作物です。本内容の商用利用、およびWikipediaやブログ等への許可なき使用(出典表示も許可もない大量引用)をお断りします。
 本内容の正確性、網羅性および最新性は保証していません。追加情報やお気づきのミスがありましたらご連絡いただければ将来の参考にいたします。***Yucca Official Site***等公開情報および商品情報を参考にしました。著作者各位に謝意を表します。Yuccaさんをはじめ、文中では皆様の敬称を略させていただきました。Yuccaさんへのコンサート、CM、インタビュー、番組出演、イベント出演等の依頼は、事務所でありますポニーキャニオン様にお願いします。特に癒し系商品や美しさ・優しさを特徴とする商品のCMに最適と思います。最終更新日 Thursday, 23-Sep-2010 17:41:15 JST



ERROR! counter file{/virtual/com/public_html/accesscountdir/yucca_widepencil.cnt.txt} format error. bad content{} must digit string.
abnormal return from line{374} of file{accesscount.cgi}.